26 3月 / 2018

一戸建て

今、住んでいる家は住宅地にある一戸建てです。
主人の親がバブルの頃に買った家ですが仕事を定年するにあたりローンが払えないからと私達夫婦が住みローンを立て替えることになりました。

バブルの頃の住宅街のためバスを走らせるから車はいらないというコンセプトだったらしく、駐車場は1台分しかなく道路に面している垣根の木も統一されており変えることが出来なかったそうです。バブルがはじけ土地の開発を担当していた会社は倒産してしまいました。
地方の為、1人一台車を持っていないと買い物も行かれないようなところです。しかし車は一台分の駐車場。駐車場を作る為には道路に面した垣根の木も撤去しないといけないため駐車場を作るのに100万円かかると言われました。風通しも悪く和室の天井、畳などにカビがはえてしまいやり替えるしかなくなってしまった事があります。置いていた服もダメになってしまったものも多くありました。部屋をたてまししたそうですがその際、通常家の下にある換気口がなかったそうで床下に換気扇を設置したそうです。まだまだ色んなところが壊れてきそうでこわいです。住まいの窓口 五反田